式場

結婚式場を探して挙式をしよう~二人の幸せを祝う場所~

適切なお礼をする

ギフト

結婚祝いとして様々な人が主役に祝い金などを渡してくれます。そのため、主役である新郎新婦もお返しをしないといけません。例えば、結婚祝いをするために参加してくれたゲストが帰る際には、お返しとしてプレゼントなどを渡す場合が多いです。また、プレゼントと言っても高級な商品を渡す必要はありません。お菓子の詰め合わせやタオルなどで問題ないので、結婚式で出費する費用が大きくなることはありません。他にも、結婚祝いとして結婚式に参加していない人から品をもらった場合もお返しをしないといけません。そのことを内祝いとも言われています。しかし内祝いは自分達の幸せを周りに知らせる行為となるので、結婚祝いをプレゼントしていない人にも行なう場合があります。

結婚式では新郎や新婦のサポートをするために友達などがサポートを行なってくれる場合があります。そのサポートを行なってくれた人には、結婚祝いをもらった人と同じお返しをするのはマナー違反です。では、どのようなお返しになるのかというと、感謝の気持ちとしてお礼金を渡すのが一般的と言われています。また、その場で渡すのが難しい場合は改めて機会を設けることが大切です。他にも、遠方から結婚式を祝いに来た人達がいる場合は、お返しにタオルなどの詰め合わせを渡すのではなく、交通費をプレゼントする傾向にあります。

結婚祝いのお返しに適している商品を見つけることは簡単です。その理由は、膨大な情報があるインターネットを使うことで結婚祝いのお返しに適している商品を見つけられるからです。そのため、「結婚祝いのお返しを何にしていいか分からない」という人でも短期間でプレゼントする品を決められるでしょう。